Snowboard‘KAZ‘Holic. 2008年01月29日





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック | コメント(-)

 


kokdaopkgk.jpg


行ってきました!
関温泉BCツアー
今回爆弾低気圧の影響で
妙高地区が大雪になり
裏山に行くのは危険になり
いけなくなる可能性があったのですが
奇跡的には天候が安定してくれて
BCに行くことができました。

今回は本当に参加してよかったです。

このツアーで
雪崩の怖さを改めて実感しました。
昼間は装備を揃えて実際の裏山に行き

夜は雪崩講習会。
次の日はその雪崩講習会で
勉強したことの実践での復習!

自分なりに知識はついたと思っていますが
実際の雪崩には出くわしていないので
現実味に欠けるのが正直なところです。

でも今回のBCツアーで
1番勉強になったこと。

自分の持っている装備は
なんのため?

っていう言葉です。

今回のBCツアーを受けるまでは
装備は雪崩れたときのための道具って
いう感覚でした。

しかし、講習を受けて
言われたことは
自分の持っている道具は
雪崩れが起きたときのもではない。

雪崩れは起こしてはいけないもの。
つまりこの装備は雪崩れを防止するための
道具です。

この言葉本当に自分の中で
重要なひとことでした。

確かにもっている装備は雪崩れたときに使うものですが
実際雪崩れを起きないように防止するのが
1番なのです。

わかっていたことですが
雪崩れを防止するっていうことが
1番の優先って考えがなかったです。



kokjokoko.jpg

装備を持っている以上、やっぱその
装備の用途ばから考えしまいますからね。

そんなリスクを負ってでもいくBC!
リスクはあるけど
やはり、誰もいない場所を滑るのはかなり気持ちいし
景色はヤバイです。

奇跡的にハイクしているときに天気も晴れて
絶景も拝めて
最高のツアーになりました。

今度も、自分できちんと勉強して
知識をつけて
楽しいBCを楽しみたいです^^

しかし、1時間以上のハイクは疲れました。
でも疲れを吹っ飛ばす
景色が見れて最高でした!!.

dspijaijpg.jpg
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。