Snowboard‘KAZ‘Holic. F180(トゥ抜け)





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック | コメント(-)

F180(トゥ抜け) 

今日はF180(トゥ抜け)の理論についてです。
F180(トゥ抜け)!まず(トゥ抜け)の理論なんですが
通常ゲレンデグラトリなどするときにF180するときって大抵の人は
(トゥで踏み切って回転する人が多いと思います。

しかし、これがキッカーになった途端に怖くてできないといいます。
基本はグラトリのトゥとキッカーのトゥは一緒ですよ。

ただ、キッカーのほうがスピードがでている分タイミンをあわせるのが難しいので
それが恐怖心につながっていると思います。

みなさんグラトリでトゥで180するといきって
どうゆうふうにやっているか考えたことありますか?

たぶん、殆どの人が逆ふりを入れてから回転をしていると思います。もちろん、フラットの状態で
回転しはじめている人もいます。

前回のヒール抜けの時にお話ししたんですが。
ヒール抜けをする前に1回トゥに体重を入れてそこからフラットにして最後にヒール側で抜ける
と書きました。

トゥ抜けはそれの逆です。
最初一回ヒールにふって、その反動でフラットからトゥに体重を乗せる

これだけです。
トゥに乗った状態でも人間はコントロールできるのでそこで耐えて後は抜けをギリギリまで待ちます。
必ずアゴは引いた状態でテイクオフします。
この状態でリップ抜ければオーリ入れなくてもある程度は飛びます。

まずはあんまりオーリーは意識しないで
そのまま抜ける練習をしましょう。

そして慣れてきたら、徐々に蹴って行けばいんです


スポンサーサイト
[ 2009/10/02 08:44 ] ジャンプのHow To | (0) | コメント(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2009/10/02 11:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿








トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazuroumaru.blog61.fc2.com/tb.php/586-115728ca








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。